トイレトレーニングについて

トイレトレーニングは子供にトイレで、おしっこやウンチをするように教えるしつけの第一歩です。子供は産まれた時からオムツでの生活をしているため、トイレでおしっこやウンチをすることがわかりません。成長や発達の度合を見ながら、生活習慣を教えていかなければなりません。
トイレトレーニングを子供に教えることは簡単なことではないです。なぜなら子供は、いつでもどこでもおしっこやウンチを好きな時に好きな場所でしてきたため、子供にとってはトイレでするよりもオムツにしていた方が楽なのです。そんな子供にトイレの習慣を教えるのが難しいのはあたりまえです。
トイレトレーニングは教えなければ、自発的に行うことは稀で出来ないものです。トイレトレーニングの時期が来たら、子供が覚えるまで根気良く教えることが大切です。トイレトレーニングの時期も季節も、覚えてくれる年齢もさまざまです。しかし絶対にいつかはオムツはずれの時はやってきます。
トイレトレーニングは気持ちに余裕をもって長い目で行うことが大事です。少しでも上手に出来た時は褒めてあげることを忘れずに、失敗や成功を繰り返しながら進んでいきます。次第に子供に自信がついてきておしっことトイレが繋がる日が必ずきます。それまで粘り強く、親子で楽しいトイレトレーニングを実践していけるようにしましょう。

トイレトレーニングの方法

トイレトレーニングを成功させるには3つの点を押さえておくと良いです。
トイレトレーニングの成功させる方法をして、開始するタイミング、声掛けをするタイミング、ほめるタイミングが大切です。
トイレトレーニングの開始時期は体の発達具合で違ってきますが、だいたい2歳を過ぎたことが目安となっています。オムツがおしっこで濡れている間隔が一定になってきたころが開始時期のサインです。おしっこの出る間隔が2時間おきくらいになったらトイレトレーニングを始めてみるといいでしょう。
トイレトレーニングを始めてからは、声掛けをするタイミングが大切です。朝起きた時や出かける前、お昼寝の後や寝る前など、おしっこの出るタイミングの少し前に「おしっこに行こう」と声を掛けるようにしましょう。トイレに行きおしっこが出なかったとしても、声掛けのタイミングが子供におしっこを気づかせる役割をします。
声掛けのタイミングが良く、運よくおしっこが出た時、子供は達成感を得ることが出来ます。
トイレトレーニングで最も大切なのはほめるタイミングです。子供にとって排泄の仕組みは初めての経験で不安もいっぱいです。そんな時一番の心の支えはママの応援になります。少しのことでも大袈裟なくらい褒めてあげることが子供の自信につながってきます。

トイレトレーニングのアイテム

楽しくトイレトレーニングを楽しく始めるために、いろいろなアイテムを使ってみるのもいいでしょう。
トイレトレーニングで良く用いられるおまるや補助便座は子供が大好きなキャラクターの商品がたくさんあります。アンパンマンやミッキーマウス、くまのプーさんなど子供が喜びそうなキャラクターの顔がおまるについていたり、楽しい音楽などが流れてくるおしゃべり機能がついたものもあります。最近はおまると補助便座どちらの機能ももつ商品が多いようです。
トイレトレーニングではトレーニングパンツも多く使われています。トレーニングパンツには、紙おむつ製のトレーニングパンツや厚手の生地で作られているトレーニングパンツなどがあります。紙おむつ製のパンツは従来のパンツに比べて、おしっこをした時に濡れた感じがとてもわかるようになっており、子供はおしっこをしたことを肌で感じることが出来ます。
また普通のパンツに張って使うパットのような商品もあるので、使い比べてみるのもいいでしょう。
トイレトレーニングに使われる厚手の生地のトレーニングパンツは、普通のパンツよりも生地が厚めに作られており、1回分程度のおしっこを吸収してくれます。おしっこが洩れるのをガードしながら濡れた状態が分かるようになっているので、使用しているママも多いです。

トイレトレーニング